>

汚れを残さないことを目指す

歯を傷つけないで磨く

強い力で歯を擦ると、傷がついてしまいます。
すると傷に汚れが入り込み、落とすのが難しくなり、最終的に汚れがずっと口内に残ります。
それが口臭の原因になるので、歯を傷つけないように磨くことを心がけてください。
強く擦らなくても、軽く歯に歯ブラシを当てて擦るだけで汚れは落ちます。

また歯は、1本ずつ磨くのが正しい方法です。
数本をまとめて磨いた方が、短時間で歯磨きが終わりますが、それでは隅々の汚れを落とせません。
効率良くすることよりも、完全に汚れを落とすことを優先して、歯磨きに取り組みましょう。
そして歯磨きをする時は、集中してください。
スマートフォンやテレビを見ながらでは集中できず、歯磨きが疎かになりやすいです。

食事の後に磨くこと

何かを食べた後は、口内に汚れが溜まっています。
それらをすばやく除去できるように、歯を磨いてください。
そのため歯磨きのベストタイミングは、食後だと覚えておきましょう。
いつでもカバンの中に歯磨きセットを入れておくと、外食をした後でもケアができるので、口臭予防に繋がります。

さらに間食の後も、歯を磨くことをおすすめします。
間食の後だって食後と同じように、口内に汚れが溜まっています。
ですから、忘れずに歯を磨くことを習慣にしましょう。
しかし間食が多いと、そのたびに歯磨きをしなければならず、次第に面倒に感じます。
結局歯磨きをしなくなるので、間食は1日1回だけに留めましょう。
するとカロリーの過剰摂取にもならず、健康的です。


この記事をシェアする